OSTRY KC07 ハイブリッドイヤホン1DD + 1BA MMCXリケーブル

A04000600
A04000600
A04000600
A04000600
A04000600
A04000600
A04000600
A04000600
商品番号:A04000600

OSTRY KC07 イヤホン カナル型 ダイナミック+バランスド・アーマチュアドライバー リケーブル MMCX

標準ステレオケーブル3.5mm版
在庫状態:在庫有り
¥22,500(税込)
数量
バランスケーブル2.5mm版
在庫状態:在庫有り
¥24,000(税込)
バランスケーブル4.4mm版
在庫状態:在庫有り
¥24,000(税込)
製品紹介仕様

ダイナミック+BAドライバーのハイブリッド構成で更に進化したKCサウンド


KCシリーズの特徴であるワイドでレスポンスの良い音をベースに、更にバランスド・アーマチュアとマッチさせる為に進化させたOSTRYオリジナル開発の10㎜ダイナミックドライバー(CCAW)は、KC09と同様に生体工学技術を応用した人間の鼓膜に近い振動を出せるような、厚さ2ミクロンの極薄ドライバーを搭載しています。(EBT(Eardrum Bionic Technique)これはOSTRYの特許技術の一つです。)

低域の伸びを意識したチューニングに、バランスド・アーマチュア(knowles製)は、その繊細な音と解像度を活かすように、それぞれのユニットの特徴を余すところなく引き出したチューニングを行いました。ダイナミックドライバーとバランスド・アーマチュアの音の繋がりを良くする為、バランスド・アーマチュアの音の出口を工夫することで、ムラのないサウンドを実現しました。これにより「低域の程よい空気感」「高域の滑らかさ」を感じて頂けるような繊細かつメリハリのあるこだわりぬいたサウンドに仕上げました。

アルミ製特殊合金ハウジング+ステンレス製ノズルのハイブリッド構成


ハウジングは、アルミ製特殊合金をCNCマシンを使用し精密な成型を行っております。さらに表面にチタンコーティングを施しより強度を高め傷がつきにくい本体に仕上げました。また音の出口であるズル部分にはステンレス素材を用いて高い強度を実現しております。これらにより余分な共振を押さえシャープで分離感の良い音へ貢献しています。多数の耳型のデータから最適な形状を計算しフィット感の良い形状になっております。
また、耳へ装着した際にハウジング内のドライバーの前後の構造空間をベストな状態になるように設計。装着した際に全体の空気圧が安定するような仕組みとしました。これにより、上記ドライバーの部分でも述べたように、低域の空間表現力を向上させ弦楽器等の音の伸びが豊かになる事へ貢献しております。

 

本体性能を引き出すハイブリッド構成のオリジナルケーブル


KC07の性能を余さず引き出す為、標準のケーブルは銀メッキ6N単結晶銅線15本+5NOFC銅線15本の合計30本を縒り合わせた線で、8芯のツイスト編みをしたOSTRYオリジナルケーブルです。ケーブルも2種類の線材を用いハイブリッド構成となっておりハイエンド製品に付属するレベルの高品質なケーブルを標準装備致しました。程よい重量で、しなやかな取り回しが良く快適な装着感と安定感を得る事が出来ました。

 

日本限定のスペシャルパッケージ


KC07を発売するにあたり、お使いただくユーザーの皆様に、より一層満足して頂けるようにIC-CONNECT監修のもと日本限定のスペシャルパッケージとして販売することとなりました。左右非対称のフェイスプレートは、開発コードである07をイメージしたシンプルなラインアートで仕上げました。

 

- 開発エピソード -
KC07の開発エピソードとして、開発陣の中には「BA型は、補聴器技術で性質が異なる。従来のダイナミック型と併用するハイブリッドイヤホンは、音楽鑑賞には向かないと考える。混在して使うべきではない」と唱えるグループと、「KCシリーズのドライバーは、ダイナミック型でありながら音の性質をBAに近づけたもの、それをベースにすればBA型と繋がりをよりスムーズにすることが可能で良いイヤホンになるのではないか?」と主張するグループに意見が分かれ、長い議論の結果、ハイブリッドイヤホンの制作に挑戦する事を選択し、KC07の開発に着手する事となりました。

参考出展から4年の歳月を費やしたKC07ですが、その中で最も時間を費やした事はKC07に使用しているOSTRYオリジナルのダイナミックドライバーと相性の良いBAを探す事でした。開発当初は満足が行くBAが見つからず自社開発を試み、音質的には納得がいく仕上がりになったものの量産ベースに落とし込むと不良率が高くリリースを断念し、様々なメーカーのBAとの組み合わせを試した結果、現在の構成となりました。

更にそこから細かなチューニングを繰り返しおこなった結果、KCシリーズのドライバーユニットのダイナミックかつレスポンスの良い音をベースにBAの特長的な音をスパイスとし、ダイナミック型の足りない部分や粗い部分を補う形で、繊細さと大胆さが両立するサウンドOSTRYらしい音楽を楽しめるイヤホンが誕生しました。

※発売時期:2019年1月

KC07
ドライバー 10mmCCAWダイナミック×1 + バランスドアーマチュア(knowles製)×1
感度 101dB(@1kHz)
インピーダンス 24Ω
再生周波数帯域 20 – 20,000Hz
歪み <1% 101dB(@20upa)
コード長 1.2mm
ケーブル長 1.2m MMCX着脱式(8芯6N単結晶銅+銀メッキOFC銅線)
入力 プラグ 3.5mm ステレオミニ
イヤホンタイプ カナル
  • レビュー

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。